電源表示設定器(RP-310)の使い方①

マスフローコントローラをアナログで動作させるには電源表示設定器(RP-310)が必要となります。電源表示設定器は電源とマスフローコントローラの流量設定、実際にマスフローコントローラで計測・制御している流量表示が1つの機器で行えます。

接続方法

電源表示設定器とマスフローコントローラの接続方法をご説明します。接続にあたり以下4点を用意してください。

・使用するマスフローコントローラ 1台

・電源表示設定器 RP-310 1台

・MFC⇔RP-310接続ケーブル  1本

・AC電源コード 1本

電源コードの接続

下記写真のようにRP-310の背面に別売りのAC電源コードを取り付けます。緑がアースで黒と白はAC(AC100~240VDC)です。

マスフローコントローラとRP-310の接続

マスフローコントローラ上部にあるコネクタとRP-310背面にあるコネクタを別売りの接続ケーブルでつなげます。

MFC上部
MFC上部
RP-310背面

これでMFCとRP-310の接続は完了です。

電源表示設定器の使い方②では設定方法等をご説明していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA