電源表示設定器(RP-310)の使い方②

①では接続方法について紹介しました。②では流量表示の設定方法について紹介していきます。

流量表示設定方法

RP説明2

「MODEボタン」と「▶ボタン」を同時に2秒以上長押ししてください。

2秒以上長押しすると赤線で囲まれた値に「1」が表示されます。

「▶ボタン」を押すと桁移動が出来ます。ボタンを押すごとに右に移動していきます。(1桁目⇒2桁目⇒3桁目⇒4桁目⇒小数点⇒1桁目)

「▲ボタン」を押すと0~9で数字の変更が出来ます。また、小数点位置の変更もできます。(例:MFCのF.S.流量が100SCCMなので100を最大表示値とさせたい場合「100.0」になります。)

最大表示値の設定が終了しましたら「RSTボタン」を押して登録してください。登録終了後は計測表示に戻ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA