液体タンク内にキャリアガスを流し、気化した液化ガスをキャリアガスと一緒に運ぶ方式です。

バブリング方式原理

バブリング方式フロー
バブリング方式フロー図

液化ガスの濃度は計算求めるのが一般的で、蒸気圧(分圧)÷タンク圧(全圧)×100=液化ガス濃度(%)です。

液化ガスの流量計算は液化ガス濃度×キャリアガス流量で計算できます。
しかし、キャリアガスが流れ続け連続気化により液温や表面積が変化し続ける液体タンクでは蒸気圧を一定に保つことは容易ではありません。

そこで、ベーパーコントローラのように発生濃度をセンサで測定しキャリアガス流量で発生流量を自動制御しますが、限られた液種でした対応できません。そこで開発されたのが直接気化方式ベーキング方式です。

特長

  • 減圧、常圧で使用可能
  • 液体種を選ばない

バブリング方式関連製品